2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.62

最近、キュッと胸が締め付けられる事が有るんです。。。。

約1年程前になりますが、
おばあちゃんが連れたコーギーの事が気になってます。

真ん丸した可愛い体型で、
コーギーファンなら ご理解頂ける 美尻のコギさん
女の子で、あの時で2歳って言ってたかも?

丁度、私1人で水撒きしてた時にお会いしました。
“わぁ~、可愛い”って側に行った私。
コギちゃんも喜んでくれたらしく、
無い尻尾辺りのお尻をフリフリ

そんな様子を見て、そのおばあちゃん、
“犬、好きなの?”って。
“ウチに同じ犬種が居るんです”
“あらぁ、そうなの。。。。()好きって判るんやねぇ”

そんな何気ない話をしながら、そのコギさん撫で撫で
“う~っ、気持ち良いなぁ”って思っていたら、
おばあちゃんがいきなり・・・・

“この子、面倒見てくれる人いないかね”って。
    え~~っ!   

何故、そんな事をおっしゃるのか解からず、お話を伺ってみました。
それは・・・・

このコギさん、息子さんが連れて来たそう。
最初は本人が面倒見てたんだけど、
最近は忙しくて、すっかりおばあちゃんが見る羽目に。
毎日の散歩が大変で、殆ど行けてない状態。
だから、の中でフリーにしてあるんだけど、
このコギさん若いから、2階で走り回っているらしい。

確かに、若いコーギーは沢山の運動が必要で、
高齢の方では、なかなかしんどい事なのかも

でも、そう言いながら、このおばあちゃん、
の中を走り回っているのが嫌って訳では無いみたい。

月1回のトリミングに出しているらしく、
綺麗な毛並みと艶
白と茶色がクッキリ
足のお爪や、指間の毛の手入れもされており、
可愛がってない形跡は無いんだよなぁ・・・・

よっぽどウチの子達の方が可哀想かも

トリマーさんにお願いした事もあるけど、
思っていた程、綺麗にならなかったし、
されてた子達は、完全に怯えて固まってたから、
スキンシップって事で、私がお風呂担当に。

マメな方では無い私であるのと、
物のによると、毎月シャンプーするのは、
にとっては良くないらしい・・・

元々汗をかかない
人間程内側から汚れる事は無いらしい。
それに大切な油が無くなるから、皮膚炎になりやすいとか

綺麗好きお風呂好きの日本人位らしい。
月1回もシャンプーするのは・・・・
海外の愛犬家には、年に1回のシャンプーって方々も居るらしい。

まぁ、外にお散歩行く達だから、
外の汚れを身に纏う事も多いし、
のままに入る文化と、そうでない文化を、
同じ土俵で比較は出来ないと思う。。。。

でも、にとって大切な油まで取ってしまい、
皮膚炎になる可能性が大だと、話は別。
人の思いだけでしちゃいけないなぁって、思います。

いくら飼い主の思いのままになってる達だけど、
人の言葉を話さないけれど、
達の立場や、状態に即して対応してあげなきゃね

これが一番大切で、難しいのだけど・・・・

話は戻りますが、
そのおばあちゃんに、我が家には4コギ居るので・・・と
我が家で引き取るのは、やんわりお断りしたんです。

でも・・・・・・その後、そのコギさんとは会えてません。

可愛い、愛嬌のあるコギさんでした。

おばあちゃんいわく、
では、1人で遊んでいてくれる子だそうです。

このコギさん、幸せであれと願います

最近、強く強く思います。

そう思うのは・・・・
少し前に、一緒だったお孫さんにお会いしました。
お孫さん1人で、にはリードが・・・
小さいチワワと散歩してました。

“おばあちゃんと、あのコギさん元気”って聞いたら、
“あの、僕のじゃないから”って。
『知らない』って言いたかったのかも?

あのおばあちゃんが、捨てる様な事はしないと思うけど、
あのおばあちゃんが、入院したり、亡くなったりしたら?

そう考えると悪い方、悪い方に考えるものですね。
怖くて怖くて・・・・気が付くと

もう一度、あのコギさんに会いたい
出来れば、安定した幸せの中にいる状態で会いたい

本当は名前も出して、
皆さんに、協力お願いすれば良いのかもしれませんが、
私のつたない文章では、誤解を招いているかもしれないので、
あえて、詳細はこれ以上書かずにおきました。

勝手して、すみません。

他人様のを、こんな風にblogに書いて良いものか
躊躇する気持ちもありましたが、
ただ、ただ、・・・・・・

私は、ウチの子達だけでなく、
実家のいる、お婆ちゃん(推定18歳)に、
助けられ、癒されてきました。

そんな子達の仲間が、少しでも人為的な不幸でない事を祈りたい。

ただでさえ、病気や怪我の中、
必死になっている子達や飼い主さんも沢山いるのだから、
「要らなくなった」からと、
簡単に手放したり、捨てたりしないで。

そうする事で、子供達の小さな心は傷つき、
人を信用出来なくなるのですから・・・

力不足で、今の私は何も出来ないけれど、
ただ、ただ 祈るばかりです。

今回もご訪問、ありがとうございました。

ps
もし、よろしければ、感想等を頂けると嬉しいです。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















ruemamy

Author:ruemamy
かなり晩婚な私が、結婚と同時に4頭のコーギーママになり、悪戦苦闘の日々。そんな中での小さな幸せ事柄を書き綴ってます。
みなさぁ~ん、色々教えて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。