2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.45

当たり前と言えば、当たり前なのですが、

我が家にやってきたばかりの頃、
いくら “里緒奈” って呼んでも知らん顔。

何度も何度も話しかけました。

“貴女の名前は、里緒奈だよ” とか
“里緒奈、里緒奈” と即興の歌を歌ってみたり、
“おぉ~い、里緒奈さん” などなど・・・

今は、ちゃんと理解してますよ
その頃の努力の甲斐があってか、
本人の根負けか・・・・

でも・・・・・
来たばかりの里緒奈の体型は『いびつ』でした。

下半身(後ろ足辺り)が、異常に発達していて、
立派な成犬並みのお尻と後ろ足してました。

顔も細く、前足もパピーらしいのですが、
異常に下半身はパッツン、パッツン。
『カンガルー』に、そっくりな体型でした。

とてもコーギーとして、バランス良い体型とは言えませんでした。

この時、里緒奈はもうすぐ9ヶ月に入る頃でした。
いくらパピーと成犬との間だからって言っても、
彼女の体型は『いびつ』でした。

多分ショップで、来る人、来る人(お客さん)に、
“構って、構って” って、
必死にサークルに立っちして、アピールしていたのでしょう・・・

“遊んで、遊んで”って言っても、
を出して、触られるばかりで、
本当に、真剣に遊ばれた事、無かったみたい。

いろんな、知らないが出て来たんだと思います。
毎回、毎回、違う&知らないばかり。

怖さも絶対あったでしょう・・・
それでも、毎日毎日、必死でアピールしていたんだと思います。

それなのに、抱っこされると『石』になる里緒奈。

この子は毎日、毎日、どんな思いをしてたんだろう。。。

“楽しい”とか“嬉しい”とか
思った事あるんだろうか・・・・・

ママの暖かさ、覚えているのだろうか
ママのオッパイの味、覚えてる

サークル内で大暴れして、
とオシッコまみれになっている彼女を、
綺麗なタオルやティッシュで拭いたり、
お風呂で洗ってやりながら、
「私が貴女のママだよ」とか、
「ママ。ママは此処だよ」って話し掛け、抱いてました。

その頃の彼女は、
自分が“里緒奈”って解かっていないだけでなく、
話しかけたり、名前を呼んでる、主人や私を見ませんでした。

私達のどころか、顔も見ないんです。

どれだけ呼んでも、大声で話し掛けても見ないんです。

“遊んで、遊んで”って言ってるわりに、
あっち向いているの・・・・・

その頃の私は、
正直、里緒奈が可愛くありませんでした。

どうしよう・・・
“私は本当にこの子を愛していけるのかしら”って
“可愛いと思えるのかしら
“知らず、知らずのうちに、他の子と差別してたらどうしよう・・・”って
毎日、思い病んでました。

それでも、
手放したり、ショップに返す等は全く考えませんでした。

この子のこの状態、性格が、個性と思えるのだろうか・・・・
不安でした。

それに里緒奈の問題は、排泄だけではなかったんです。

まず、食事の仕方が解かってない。

「待て」「よし」が解からないだろう、は想像してましたが、
そんな簡単な話では無かったんです。

ショップの人は、「カリカリはちゃんと食べれます」って言ってたのに、
ショップの食事と違うからなのか、
どれが食べ物なのか、理解出来ない。。。

ショップで食べてたカリカリは、安価で美味しく無い物。
(ウチの主人、必ず子供に食べさせる物は試食するんです。)

それで、(ウチとしては)高価で栄養価も高い、パピー用のカリカリを用意したのですが、
彼女が食べ始めたのは、我が家に来て3日目。
それまで、何も食べずで、水を少し飲んでただけ。

まだパピーなのに、こんなに長い間、食べなかったんです。

他には、散歩が出来ない。

ずっとショップにいたのだから、当たり前なのかもしれないのですが、
『散歩』と言うより、『歩行』・・・つまり、まともに歩けないいんです。。。

これがどういう事か分かって頂けますか

(同じ様なと生活を経験された方は、ご理解頂けますよね?)

辛かった。。。
悲しいかった。。。。
どうしたら良いか、不安でした。。。

そんな闘いの毎日でした。

この続きは又明日。
今夜も、お付き合い、ありがとうございました。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















ruemamy

Author:ruemamy
かなり晩婚な私が、結婚と同時に4頭のコーギーママになり、悪戦苦闘の日々。そんな中での小さな幸せ事柄を書き綴ってます。
みなさぁ~ん、色々教えて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。