2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.43

昨日の 『里緒奈』 の続きです。

値段交渉して、その後、
彼女を引き取るつもりで、再度、主人とショップに出掛けました。

前回と同じ担当者が、
前回より愛想良く、やって来て、
「値段はこれ以上下がりません。」との事。

「私の一存では決められなおので・・・・」とは言っていたが、
今回は、
「上司に相談してのですが、無理でした」って。

まあ、まあ、この辺りは仕方ない事だろうし、
彼女の言っている事も、相談した事も間違っていない。

私達も「絶対!」とは思っていなかったので、
それで良いのだが・・・・・

今回もこの担当者、里緒奈の欠点ばっかり。

手続きの書類に主人がサインをしている際にも、
まだ、言い続けていた・・・・

「葉の噛み合わせが悪い」
「食糞します」・・・・etc

ドックショーに出す為の子を探している訳じゃなし、

“食糞”する様になったのは、
このショップが、きちんと小まめに後始末をしないからで、
この子が悪い訳じゃない

又もや吐き気のしてきた私。
一刻も早く、この子を連れ出したくて、出したくて、
心の中で、走ってました

前回、余りにも酷い状態だったので、
綺麗にしてやって、と依頼したのですが、

(これを依頼したせいで、下がらなかったのかも?)
(下げなくても、大丈夫と見透かされてたのかも?)

手続きしながら抱かせて貰った里緒奈は、
前回より、少しは良いかな・・・・?
と言う程度で、とても綺麗にして貰ったとは言えず、
「お風呂に入れて、綺麗にしてやって。とお願いしといたはずですが・・・」とクレーム付けました。

担当者は、隣のスペースを指さして、
「はい、ご依頼通り、こちらでシャンプーしました」って、平気の平左な顔で答えました。
      

おい、おい、これでですか?
これがお金を頂いてするプロの仕事ですか
これじゃ、私がシャンプーしてやった方が綺麗じゃん。

あぁ、この人には何言ってもダメだ。
ショップ自身がこれでなのだろう・・・・

悲しかった、とてつもなく悲しかった。
と、同時に、この子はウチに来るが、他の子達は・・・・

そう思って見回した時、
どの子も、可愛い盛りの生後なのに、
どんよりとした、虚ろなをした子ばかりで、泣けてきた。

多分、担当者は、後々クレーム付くのが嫌で、
前もって、欠点を話してくれたのだろうが、
私達には、要らぬお世話で、吐き気の元。

この子を引き渡す際も、勝手に持ってって、
みたいに、そのまま渡してきた。

生きてる子だから、ぬいぐるみじゃないのだから、
リボンを掛けて欲しい訳でも、
パッケージして欲しい訳でも無い。

だけど、これって・・・・

私達の知っている、他店では、
子供の刺激が帰宅するまで少ない様、
驚いて飛び出さない様、
キャリーバック風な箱に、綺麗な柔かい紙と、オシッコシートをを敷いて、
尚且つ、その子がショップにいた際に気に入ってた玩具を1つ入れて、新しい家族に渡してた。

なのに、この子は何も無し。
玩具どころか、帰るまでのオシッコの心配もしてもらえず・・・・・

悲しかった。。。。
どうしようもなく、悲しくて、涙が出てきそうだった。

でも、この店の中では絶対泣かない
って意地になっていた私。

本当はすぐ泣いてしまう、泣き虫の私が、
必死で堪えました。
“絶対、泣くまい

その甲斐あって、店を出るまで泣かずに済みました。

出てすぐに主人が、
「もう良いよ、大丈夫。」って。

私が怒りまくって、黙り始めた事や、
泣きたい気持ちを抑えている事、
早く帰りたがっている事を、解かっていたみたい。

の中で、この子をギュッと抱きながら、
涙が溢れました。

身体を突っ張らせ、硬くなっているこの子を抱いていたら、
尚、悲しくなりました。

この子は何も悪くないのです。
この子は笑顔をもたらせる為に産まれてきたはず。
悲しませる為なんかじゃない。

そう思ったら、私が泣くわけに行かず、
この子に“幸あれ、幸あれ。”と念じてました。

自宅に着いてからの話は、また明日。

今日も読んで下さって、
ありがとうございます。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















ruemamy

Author:ruemamy
かなり晩婚な私が、結婚と同時に4頭のコーギーママになり、悪戦苦闘の日々。そんな中での小さな幸せ事柄を書き綴ってます。
みなさぁ~ん、色々教えて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。