2017 / 06
≪ 2017 / 05 2017 / 07 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.396

こんなリーフ、カードを見た事ありません?
  

zouki


実は私、臓器提供の意思表示をしております。

もう20年程前から、カードを持ち歩き、
今はネットでも登録しております。

きっかけは、弟の死です。

平成3年の秋に、事故で突然亡なった弟。

病院に運ばれた際には、意識が無く、
上手くいって植物状態と言われました。

あまりの突然の事で、私達家族は動揺し、
何が何だか分からない内に、葬儀が終わりました。

時間が経つにつれ、動揺が治まり、
亡弟の人生を振り返る様になった際、
母がポツンと・・・・・
「(弟の)臓器、どなたかに使ってもらってたら、良かったかも。」
「そしたら、あの子の一部が、どこかで生きてる事になった。」って。

亡弟は生前、せっせ、せっせと献血していた子でした。

高校生の頃から、大学生になっても、
そして社会人になってからも。
(これは遺品の中から判りました。)

なんでだろ?
何故、こんなにせっせとしていたんだろう・・・?

家族で親戚で、誰も輸血の必要な人はいないのに。

生前、こんな事を言ってた弟でした。
「必要になってからでは遅いんや。」

そんな弟の意思を、今回は無駄にしたのではないか?

もし、臓器提供していたのなら、
本人は居ないが、その一部が誰かを助け、
その人が生きてくれれば、弟が生きている事になる・・・

・・・そう、母は思ったそうです。

それから、私達家族は、色々調べてみました。
今と違って、ネット環境も乏しい時。
調べるのも大変でした。

“献体”“骨髄移植”・・・・等など
資料を取り寄せ、家族で話し合い、検討。

そんな中、出会ったのが、この“臓器提供意思表示”でした。

これなら、すぐに出来る。
そして、痛くも何ともない。

私達家族は、すぐにこの意思表示カードを持ちました。

私は、結婚した今も、
主人の了解を得て、カードを持ち、登録しております。
(ちなみに主人は、まだです

これは、強いる事ではありません。

でも、この記事がキッカケになって、
元気な内に、考える事も必要かと・・・・


先日、韓国のドラマを見ていたら、
突然の事故で脳死した娘の臓器提供するお父さんがいました。

実際、そんなに冷静に考えれるとは思いません。
結論も出せないと思います。

だから尚更、今、考えるべきかと・・・・・


今年7月17日に改正された、臓器移植法。

この時、考えてみませんか?
家族で話し合ってみませんか?
(家族の同意は、必要です。)

詳しくは、でご覧下さい。
社団法人 日本臓器移植ネットワーク


読んで下さって、ありがとうございます。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















ruemamy

Author:ruemamy
かなり晩婚な私が、結婚と同時に4頭のコーギーママになり、悪戦苦闘の日々。そんな中での小さな幸せ事柄を書き綴ってます。
みなさぁ~ん、色々教えて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。