2017 / 06
≪ 2017 / 05 2017 / 07 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.322

またもや作ってみました

前回、作った『大人のリンゴコンポート』

これを食べて下さった方々の中で、
林檎を 5ヶと、
赤ワイン1本を下さった方がいらっしゃいました

それで・・・・
その方のご好意で、1ヶ生で頂き、
3ヶをリンゴジャムにする事に・・・・
(あと1ヶの行方は・・・・?)

今回は、ワインを頂いたのですが、使わずに、
ピンクのリンゴジャム にしてみました

 作り方 

1、林檎を綺麗に洗い、6ヶに切り、芯を取り、皮を剥く。
  (芯は捨ててOKです)

2、りんごを好きな大きさに切って、お鍋へ入れる。
  (この時、一緒に皮も入れる)
    皮は、お茶パックに入れてからお鍋に入れるのも

3、りんごが、ひたひたになる位、お水を入れ、
  お砂糖をどっさり入れる。
  (今回は、林檎の重さの1/3位にしました)

4、最初は強火で煮始めて
  でも、沢山のお砂糖が入っているので、様子を見ながら弱めて下さい。

5、泡状のアクが出てくるので、すくって下さい。
  (そのままでも食べれますが、見た目に綺麗には出来ません。)
  又、木杓子で時々りんごを動かして下さい。

6、りんごが透明になってきて、皮の色が着いたら、
  皮を鍋から出します。

7、れもん汁をかけ、ひと混ぜしたら出来上がり
  (今回は、れもん2ヶ分を絞り、入れました)

rinngojam

なんとも綺麗なルビー色のリンゴジャムになりました

林檎の皮を入れると、
赤い色素が付くだけでなく、
ペクチン作用で、冷めるとトロミが付くそうです。
(エコだけでなく、優れものです

りんごの形そのままでも良いですが、
潰して、ペースト状にしたのもジャムらしくて食べ易いですよ。

潰すのは、召し上がる際でも良いですし、
お鍋に入っている際なら、
仕上げのれもん汁を入れる前にされると良いかと・・・・


沢山の林檎がお手元に有る様でしたら、
是非、試してみて下さい


ありがとうございました。

スポンサーサイト


【】
こんばんは~

手作りのリンゴジャム
美味しそうですね!

甘さも自分好みに出来るし・・
食べ方によって・・
形もそのままでも潰しても
食べられるってのもいいですね!

毎朝、ヨーグルトを食べてるので
ちょこっと乗せて食べてみたいです!

【いもねりさん】
そうなんですよ♪
毎朝、ヨーグルトに合わせると美味しいですよ。
でも、我が家は、紅茶に入れたり、そのまま食べたり、
パンに付けたり・・・・なんですぅ~。

今回のも、美味しかったです♪
この記事へコメントする















ruemamy

Author:ruemamy
かなり晩婚な私が、結婚と同時に4頭のコーギーママになり、悪戦苦闘の日々。そんな中での小さな幸せ事柄を書き綴ってます。
みなさぁ~ん、色々教えて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。