2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.28

今日、実母と山菜採りに行ってきました

これは、以前からの約束ではなく、
今日の午後、いきなり母からの誘いがあり、決まった事。

春になって、“山菜、山菜、山菜食べたぁ~い”と
毎日の様に、呪文の様に言ってたからでしょうか・・・・
母がで連れて行ってくれました

今日も又、を持ち歩くのを忘れた為、
山菜の生っている所は撮れなかったのですが、
帰宅してからの収穫、撮りましたので、
ご説明がてら、お話しまぁ~す

こごみ1

これは『こごみ』。
スーパーで売っている物と比べると、細かったのですが、
私の大好きな山菜の一種。

「親の死に目に会うより、こごみの旬に会うのは難しい」と
山歩きの方々は言う程の山菜。

天麩羅、酢味噌和え、にすると美味しいです

こごみ2

野セリ1

これは『野セリ』。
スーパーの物と比べると、長さが無いので、全く違う物ではと思う程。

でも、香りがとても強く、
お浸しや、すき焼き、に入れると美味しいぃ

野セリ2

野蕗

これは『野蕗(のぶき)』の茎。
細いので、煮物にするよりも、キンピラ風に作る『キャラブキ』が美味しいデス
葉はゴミになるので、山に置いてきました

野蕗の葉

これは『野蕗』の葉。
それも生えてきたばかりの新葉。

軟らかく、綺麗で、小さな葉なので、
天麩羅にすると、モチモチして・・・美味い

藪甘草1

これは『藪甘草(やぶかんぞう)』。
これをスーパーで見る事は、まず無いかも

本当はもっと小さい時の方が良いのですが、
今回は育ち過ぎているので、
葉の先を切って、湯がき、酢味噌で和えて食べました

葉が、きゅっきゅっ言って美味しい

藪甘草2

ワラビ1

これは、『わらび』。
ご存知の方も多いかと思います。
春の山菜の代表選手です。

今回は重曹を入れての、灰汁抜き湯がきをし、
明日、酢味噌和えにして頂きます

ワラビ2

本当は、料理したも添えて、blogに載せようと思っていたのですが、
なんと、
我が家の娘達が摘み食いをしてしまい・・・・
蕗の葉の天麩羅では、2枚しか残らず・・・

私がうっかりして・・・私のミスなんですが、
折角、主人に食べさせようと、思っていたので、
悲しくなってしまいました

旬の地の物なので、同じ物は無いかもしれませんが、
明日からの雨が過ぎたら、
リベンジしてみます

娘達の摘み食いのお陰で、が付きました。
 沢山採るぞぉ~~

スポンサーサイト


この記事へコメントする















ruemamy

Author:ruemamy
かなり晩婚な私が、結婚と同時に4頭のコーギーママになり、悪戦苦闘の日々。そんな中での小さな幸せ事柄を書き綴ってます。
みなさぁ~ん、色々教えて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。