2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.172

9月に入って、めっきり涼しくなりましたねぇ・・・・

これは、私の住んでる辺りだけでしょうか?

今年のセミさん達・・・大丈夫だったのでしょうか?
ちゃんと来年の用意出来たのかしら?

あんまり暑いって日が無かったし、
梅雨がなかなか明けず、雨ばかりだったし、
ちょっと心配。

ウチの周りでは、夕方になると、
の虫の大合唱が始まっており、
(気のせいかなぁ・・・)
時間によって、合唱メンバーが変わっているみたい。

   

よく分からないんですが・・・・・

雀の巣立ちって、この時期なのかしら

昨日の事なんですが、
主人と昼間、で出掛ける際に、
の前に小さい雀が居たんです。

あれ
雀ってこんなに小さかったかな
と思う位、小さい子だったんです。

を出すのに、丁度危ない場所に居て、
脅かすのは嫌だったのですが、
なかなか移動してくれてないので、
そっと側に寄って行ってみたんです。

野生の鳥って、雀もそうですが、
人間が側に来ただけで、飛び立ってしまうのですが、
この子は、飛び立たなかったんです。


怪我でもしてる
と不安にもなり、間近まで行けなかったので、
少し離れた場所から、必死で様子を見てみました。

しっかりした大人の羽では無かったのですが、
羽に傷は見えなかったし、折れても無さそう・・・・
2本の足にも、問題は無さそうで、
ちょんちょんと前に進む事も出来てました。

巣立ちして間もないのでしょうか・・・・

上を見ると、親鳥らしい雀が、忙しなく鳴いていました。
“気をつけなさい、人間よ”
“早く!早く飛びなさい。危険なのよ!”
って言っているかのようでした。

でも、その親鳥の傍には、
カラスより一回り小さい位の野鳥がこちらを見てました。

“あいたっ!この子、狙われてる”

でも、簡単に触る訳にはいきません。
人間に触られた野生の子供達は、生きていけない事もあるそうです。

勿論、簡単に触らせてもくれません。
当たり前ですが、警戒しているのですから当然です。

それで・・・・
高い場所に置く訳のも行かず、
(大きい鳥に狙われているし、落ちたら命が危ない)
それで、にひかれない隅の方へ、追いたてました。

怪我をした鳥の動きでは無かったので、
多分、人の力は不要かと。
ただ、この子には時間が必要な様で・・・・

それで、その後は、親鳥さんに託しました。

これ以上は私に出来ませんでした。
後は、この子の無事を祈るだけ。

夕方、先に帰宅した主人の話では、
“多分、大丈夫だったみたい”
“他の鳥に攻撃された様ではないみたいだし・・・”との事。

実は、ウチの玄関の横に、
毎年、いつの間にか、雀が巣を作るんです。
そして・・・
2羽程のヒナが、巣から落ちて死んでしまうんです。
落ちたばかりなら、助け様もあるのでしょうが、
私達が気が付いた頃には・・・・

いつの間にか巣を作って、ヒナを育て、
いつの間にか子別れしているので、
巣立ちがいつの頃行われているのか、分かりません。

でも、1羽でも多く、無事に巣立って欲しいと
毎年願っております。
(今年は何羽、巣立ったのかしら?)

夏の疲れが出てくる頃です。
どうぞ皆さん、ご自愛下さいませ。
そして・・・美味しい秋に備えましょう

今回もありがとうございました。


スポンサーサイト


【】
こんにちは~

野生の鳥の子供って触っちゃダメって
いいますよね・・・
でも、そのままにしておくのは
辛いですね・・

昔、ツバメの子供が落ちてるたのを
ひらってきて、餌をあげて、
巣立てたことがあるんですよ・・・

飛んで遠くに言ってくれたときは
嬉しかったですけど・・

そのまま元気でいてくれることを
祈るばかりですね・・・

【いもねりさん】
そうそう、そうなんですよ。。。。

今回、親鳥らしき雀が、必死(?)に騒いでたから、
尚更、触れなくて・・・・

あの大きな鳥に、いじめられたら・・・とか
近所を通る車にひかれたら・・・って
ほんと、心配しました。

巣立ち、に出会えた事ないんですが、
きっと、泣けてくるかも?
いもねりさんは、いかがでしょた?
この記事へコメントする















ruemamy

Author:ruemamy
かなり晩婚な私が、結婚と同時に4頭のコーギーママになり、悪戦苦闘の日々。そんな中での小さな幸せ事柄を書き綴ってます。
みなさぁ~ん、色々教えて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。