2017 / 08
≪ 2017 / 07 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.103

今日から7月。 文月のスタートですよ

学生の頃、旧暦7月が「文月」で、新暦7月とは違う。
と教えられたが、最近では、7月=文月 で良いそうな・・・・

それで、「文月」について調べてみました。

文月の語源は、短冊に歌や字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事に因み、
「文披月(ふみひらきづき)」が転じたとする説が有力とされる。
その他、陰暦七月が稲穂が膨らむ月であるため、
「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」からの転とする説。
稲穂の膨らみを見る月であるため、「穂見月(ほみづき)」からの転とする説もある。

これを読んでて、私の華の師を思い出しました。

華道の家元で、
私が頻繁に稽古をつけて頂いてた頃は、既におじいちゃま。
いつも糊のきいたシャツを着てらして、
浮世離れした、上品な方でした。

今はもう亡くなられたのですが、
古典・古文に精通されていらっしゃいました。

その家元は、季節季節のいろんな事を教えて下さいました。

例えば、文月の七夕。
朝一番の朝露を採り、それで墨を磨り、短冊に願い事を書く。

多分、平安時代の姫様方は、
そんな風に願い事を、書かれていたのかも・・・・?

七夕は、私にとって、師を偲ぶ日ともなっております。

今年の七夕はどんな天気になるかしら?
沢山のが見れると良いですね。

今日は、金沢で『氷室開き』がありました。
いよいよ暑さが本格的になりますね。。。。

そうなると、私が飲みたくなる物、紹介させて頂きますね
コレ、これ。



行き付けのお店の大将に飲ませてもらい、
それからは、毎年飲まずにおられません。

正直、日本酒通には、邪道と言われるかも?
でも、私の様に、ビールが沢山飲めない人には

私はシャーベット状にして、
お猪口に入ったお酒の氷を溶かしながら飲むのが好きです

夏の夜長。
満天のを見ながら、ゆっくり氷酒なんていかが?

今年の我が家は、これに「浴衣」を合わそうかしら

今日もありがとうございました。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















ruemamy

Author:ruemamy
かなり晩婚な私が、結婚と同時に4頭のコーギーママになり、悪戦苦闘の日々。そんな中での小さな幸せ事柄を書き綴ってます。
みなさぁ~ん、色々教えて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。